にきびの黒ずみの正しい治し方とは?

知っておきたい!ニキビの黒ずみの正しい対処法は?絞り出すのはNG?

ニキビの黒ずみの対処法は?絞り出すのはNG?

 

 

ニキビは絞り出すほうが早く治りあとにならないという人がいます。一方で、絞り出すのは悪化をまねくともいわれています。そのため実際どうしたらよいのか分からないというひとは多いのではないでしょうか。そこで、ニキビを絞り出すのは黒ずみなどの原因になるのか?それとも予防になるのか?みていきます。

 

 

 

ニキビは、絞り出さない方がよいのか?
 ニキビが黒ずんでいるとき、角栓が毛穴に詰まり酸化を起こしています。黒ずみは目立つので早く治そうと絞り出している人も多いものです。しかしニキビの角栓を絞り出すのは正しいケアなのでしょうか。まずニキビの角栓を絞り出すことのデメリットを挙げていきます。ひとつめは、ニキビが跡になりやすくなります。特に赤ニキビや黄ニキビの場合、ひどいとクレーターのように凸凹の肌になってしまいます。そうなると病院などの治療をしない限りはもう肌は元通りにはなりません。二つ目は、手や爪の細菌が潰した部分の傷口から侵入する可能性です。私たちの爪は3mm伸ばすとなんと、300万以上の細菌がいるとされており、それにより炎症などを生じさせる可能性があるのです。三つ目は絞り出すのは根本的なニキビ治療とはならないという点です。ニキビは、様々な体調不良、生活習慣などで発生します。そのためこれらを改善しなければいくらニキビの角栓を絞り出しても新しいニキビが出来るだけなのです。

 

にきびの黒ずみの正しい治し方とは?

 

 

 

ではどうして絞り出したほうがいいと言われるのか
 それは病院によってはニキビを潰してしまうこともあるからでしょう。このような治療を行っている病院では、角栓をとらないと炎症は終わらず長引くのでニキビ跡ができるとかんがえているようです。病院で潰してもらったらすぐにきれいになったというひとは気を付けてほしいのが、正しい方法でないと逆に悪化するという大きなリスクがあるという点です。もしも絞り出して治療したいひとは出来るだけ病院で行い、どうしても無理であれば正しい方法をしっかり知ってからにしましょう。自己流でやらないようにしてください。

 

 

 

絞り出すときは
 まずコメドプレッシャーというアイテムが必要です。コメドとは角栓のことでニキビの角栓をとる専用の機具のことです。ドラッグストアなどで手に入れることができます。気になるニキビの角栓部分をコメドプレッシャーの中心にして軽く押すだけです。このとき、強くしすぎないようにします。コメドプレッシャーがないときは、清潔な綿棒でも代用可能です。また潰したあとは消毒をします。

 

にきびの黒ずみの正しい治し方とは?

 

 

 

黒くなったニキビは絞り出しても大丈夫?
 よくニキビは潰した方がいい、もしくは潰さない方がいいなど意見がわかれる原因のひとつにニキビの状態があります。というのも初期の炎症がおきていないニキビは潰しても悪化はあまり見られない一方で進行したニキビは悪化させる可能性が高いからです。ちなみに黒くなったニキビの場合はまだ初期の段階ですから潰しても正しい方法であれば悪化はしません。ちなみに赤ニキビや黄ニキビは潰すと黒ずんで、色素沈着をおこす原因となります。

 

にきびの黒ずみの正しい治し方とは?

 

 

 

まとめ
 ニキビは状態などでも対応が異なります。ですから一概にどうしたらよいというのは言えません。絞り出してしまいたいという気持ちもあるかもしれませんが、どちらかというと原因を考え対策をすることをおすすめします。たとえば睡眠不足や食生活などの生活習慣の改善は、ニキビのほか体調がよくなったりと色々なメリットもあるので試してみましょう。もしもどうしても早く治したいというひとは使用する道具はかならず衛生的なものにし、潰したあとは触らないようにしましょうね。

 

 

 

P.S.
こちらのサイトも是非参考にしてみて下さい。

 

ニキビの黒ずみで悩んでいる人必見!おすすめの改善法・治療方法